お役立ちコラム

育児介護休業法の改正について

育児介護休業法の改正で中小企業には猶予されたものがあったと思いますが、どういうものですか?

平成22年6月30日施行の育児介護休業法の改正では、3つの項目について常時100人以下の労働者を雇用する事業主については施行期日が猶予されていました。

①介護休暇制度

要介護状態にある対象家族の介護を行う労働者は、その事業主に申し出ることにより、要介護状態にある対象家族が1人であれば年に5日まで、2人以上であれば年10日まで、介護のために休暇を取得することができる。

②短時間勤務等の措置

事業主は、3歳に満たない子を養育する労働者であって育児休業をしていないものについて、労働者の申出に基づく短時間勤務の措置を講じなければならない。

③所定外労働の免除

事業主は、3歳に満たない子を養育する労働者が請求した場合は、所定労働時間を超えて労働させてはならない。

平成24年7月1日から全面施行となりますので、早めの準備が必要ですね。

【参考:http://www.mhlw.go.jp/bunya/koyoukintou/pamphlet/pdf/ikuji_h23_9.pdf

関連コラム

協会けんぽで受任医療制度が始まりました
協会けんぽの受任医療制度について教えてください。
個人型確定拠出年金の対象者について
会社で確定給付企業年金に加入していますが、同時に個人型確定拠出年金にも加入することも可能ですか?
労働条件の明示が電子メール等も可能になります
労働条件の明示の電子化について教えてください。
社会保険労務士試験について
ひと月ほど前の平成30年11月9日、 第50回社会保険労務士試験の合格発表がありました。 今年の合格率は6.3%ということで、最近の合格率に照らしてみれば 平年並みか、少し難しい程度の難易度だったということになるのでしょうか。 試験は労働…
年次有給休暇の時季指定義務
有給休暇取得が義務化されるそうですが、概要を教えてください。企業ではどのように対応したら良いでしょうか。

当サイトの情報はそのすべてにおいてその正確性を保証するものではありません。当サイトのご利用によって生じたいかなる損害に対しても、賠償責任を負いません。具体的な会計・税務判断をされる場合には、必ず公認会計士、税理士または税務署その他の専門家にご確認の上、行ってください。