お役立ちコラム

中小企業両立支援推進助成金とは何でしょうか。

東京都中小企業両立支援推進助成金とは何でしょうか?

東京都中小企業両立支援推進助成金は、仕事と家庭の両立に積極的に取り組む中小企業を支援するための制度です。都内に本社を置く従業員300人以下の中小企業に対し、助成しています。

助成金種別

助成事業

助成率・助成限度額

①両立支援推進責任者

設置助成金※

両立支援推進責任者の選任等に係る取組み

40万円(定額)

②意識啓発助成金

両立支援に関する管理職及び労働者への研修、周知活動等、職場の意識啓発に係る取組

1/2(限度額10万円)

③社内ルールづくり助成金

両立支援に関するルールの策定、就業規則の整備など、社内ルールづくりに係る取組

1/2(限度額50万円)

④育児休業応援助成金

育児休業を取得し、復帰した労働者(3人まで)に関する代替要員に係る取組

1/2(一人あたり限度額150万円)

⑤育児短時間勤務制度

利用促進助成金

育児に関する短時間勤務制度の利用(3人まで)に係る取組

一人あたり30万円(定額)

※平成23年度で、両立支援推進責任者設置助成金は終了となります。

助成対象企業は、常時雇用する従業員数300人以下の東京都内に本社を置く企業・社団法人・財団法人等になります。

申請に当たっては、下記の要件を満たしていることが必要です。

①  とうきょう次世代育成サポート企業に登録すること

②「一般事業主行動計画策定届」を提出していること※

③40歳未満の常時雇用する労働者を2名以上雇用していること

④その他所定の要件を満たすこと

 

なお、予算の範囲を超えた場合は募集期間内であっても申請の受付を終了するため、留意が必要です。

※  とうきょう次世代育成サポート企業に登録する際、一般事業主行動計画策定届の写しの提出が必要になります。

 

関連コラム

働き方改革推進支援助成金について(令和3年度交付申請受付開始)
p; 平成31年4月1日以降、働き方改革関連法が順次施行されております。最初の関連法施行から2年ほど経過し、世間的にも少しずつ理解が定着してきたように感じますが、まだまだ働き方改革は発展途上の段階です。 そこで今回は「働き方…
新型コロナウィルスと雇用調整助成金2
まだまだ収束の目途が立たない新型コロナウィルス。WITHコロナの新しい業務形態になかなか馴染めず、四苦八苦されている会社・事業主様・社員の皆様も多いのではないでしょうか? 新型コロナウィルスの休業で注目された【雇用調整助成金】ですが、…
新型コロナウィルスと雇用調整助成金
未だに世界中で猛威を奮っている新型コロナウィルス。現在も多くの人々や会社、社会に様々な影響を及ぼし続けています。特に新型コロナウィルスの影響で休業を余儀なくされた会社・事業主は多く、大企業・中小企業問わず、その影響は未だに解消していま…
テレワーク導入に向けて知っておくべきポイント
働き方改革の推進に伴い、「テレワーク」を導入する企業も増えてきています。ここではいくつかのQA形式で、経営者または人事労務担当者の目線から、テレワーク導入に関するポイントをご紹介いたします。 p; 目次 1.テレワークとは? 2…
「勤務間インターバル制度」と「時間外労働等改善助成金」
p; 2018年に成立した、いわゆる「働き方改革法案」に伴い、努力義務が掲げられた「勤務間インターバル制度」。 今回は本制度と、その導入で受けることのできる助成金についてご紹介いたします。 p; p; 勤務間イン…

当サイトの情報はそのすべてにおいてその正確性を保証するものではありません。当サイトのご利用によって生じたいかなる損害に対しても、賠償責任を負いません。具体的な会計・税務判断をされる場合には、必ず公認会計士、税理士または税務署その他の専門家にご確認の上、行ってください。