お役立ちコラム

在職老齢年金の支給停止額の計算方法について教えてください。

在職老齢年金の支給停止金額の計算方法が年齢によって違うとのことです。どのように違うのでしょうか。

老齢厚生年金の受給権者が厚生年金の被保険者である場合には、年金額と賃金との合計額が一定の基準額(支給停止基準額という)を超えた場合には、年金額の全部又は一部を支給停止する「在職老齢年金制度」のしくみをとっていますが、ご質問のとおり、60歳から64歳までの方と65歳以上の方では以下のとおり、計算基準が異なっております。

【60歳から64歳の方】

・ 賃金(ボーナス込み月収)と年金の合計額が「28万円」を上回る場合は、賃金の増加   

  の2分の1の割合で年金が停止されます。

・ 賃金が「47万円」を超える場合は、賃金が増加した分だけ年金を停止

例)《毎月の年金額が10万円の場合》

・ 賃金が18万円までは、賃金と年金との合計額が28万円以下のため、年金は全額支給されます。

・賃金が18万円を超えると、賃金の増加の1/2の割合で年金が停止され、賃金が38万円の場合、(38万円 - 18万円)×1/2=10万円となり、年金が全額支給停止となります。

【65歳以上の方】

・基礎年金は全額支給されます。

・賃金(ボーナス込み月収)と厚生年金の合計額が47万円を上回る場合には、賃金の増加の2分の1の割合で年金が停止されます。

例)《毎月の年金額が10万円の場合》

・ 賃金が37万円までは、賃金と年金との合計額が47万円以下なので、年金は全額支給されます。賃金が37万円を超えると、賃金の増加の1/2の割合で47万円年金が停止され、賃金が57万円の方は、(57万円 - 37万円)×1/2=10万円となり、年金が全額支給停止されます。

関連コラム

従業員100名以上の企業は要準備!短時間労働者の社会保険適用拡大について解説します!
p; ≪法改正のポイント≫ 短時間労働者の社会保険(健康保険・厚生年金保険)適用について、現行では、『従業員数が常時500人超』の事業所を対象としていました(従業員数500人以下の事業所でも、労使で合意があれば社会保険に加入可能…
健康保険組合の電子申請が開始しました!
p; 2020年4月から特定の法人について義務化されていた社会保険の電子申請のうち、健康保険組合に対する手続きは除外されていましたが、11月より健康保険組合の電子申請も開始されました。 そこで、今回は4月から開始している社会保険…
二つの会社で勤務する場合の労働保険・社会保険の取り扱い
同時に二つの会社で勤務することになった時、労働保険・社会保険についてはどのように取り扱えばよいでしょうか? 今回は、こちらについてお話したいと思います。 p; (1)労災保険について 労災保険の保険料は、それぞれの会社が支払う…
性同一性障害の方の社会保険手続きについて
「性同一性障害」、昨今巷で耳にすることの多いキーワードですがご存知でしょうか? 性同一性障害(GID:Gender Identity Disorder)とは、自分の産まれ持った身体の性と、心の性(自分自身が自分の性をどう感じているか)が…
高齢任意加入被保険者について(70歳以上でも厚生年金に加入できる?!)
先日、新聞等で「厚生年金保険に70歳以上も加入出来る様にし、保険料徴収を検討する」という内容が報道され、改めて日本の少子高齢化対策は急務であることを再認識した次第です。 そんな厚生年金保険に関して、現行法はどの様になっているのでしょうか?…

当サイトの情報はそのすべてにおいてその正確性を保証するものではありません。当サイトのご利用によって生じたいかなる損害に対しても、賠償責任を負いません。具体的な会計・税務判断をされる場合には、必ず公認会計士、税理士または税務署その他の専門家にご確認の上、行ってください。