お役立ちコラム

就業規則の作成の際に注意すべきポイントを教えてください。

これから就業規則を作成する予定ですが、作成の際に注意すべき点を教えてください。

ホームページや書籍のひな型をそのまま使用している就業規則をよく見かけますが、このような場合、就業規則の内容と職場の実態とが合わないことが多く、トラブルの元になりかねません。

労使がよく話し合って職場の実態にあった就業規則を作成する必要があると思います。就業規則を作成する際は以下の点に注意しながら作成するとよいでしょう。(1)御社で行われている職場規律や労働条件に関する各種制度及び慣行を整理したうえで、就業規則に記載すべき事項を抽出する。

(2)抽出した事項と、労働基準法で就業規則に記載しなければならないとされている事項とを照合し、漏れがないか確認をする。(3)就業規則の内容は、できるだけ分かりやすい表現で記載し、誤解を生むようなあいまいな表現にしない。

(4)労働組合又は従業員代表に就業規則の(案)を示し、従業員側の意見を十分聴く。

(5)従来から就業規則が存在する場合には、その改定に際して、従来の取扱を不利益に変更する事項かどうかを十分にチェックし、不利益に変更する場合には、従業員の個別同意を得たうえで、必要に応じて代替措置を講じる等慎重に対応する。 近年、労働法令を取り巻く状況は日々変化していますので、就業規則を作成した後は専門家へ最終チェックを依頼することをお勧めいたします。

関連コラム

令和4年10月1日施行 出生時育児休業(産後パパ育休)について
令和4年10月1日施行の出生時育児休業(産後パパ育休)は、来年度より順次施行される育児・介護休業法の目玉となる改正にあたります。男性向けの新たな育休制度の施行は注目度も高く、すでに準備を進めている人事労務担当者様も多いのではないでしょうか。…
会社は副業を認める必要があるのでしょうか。副業解禁の流れについて解説します。
2021年9月21日付けの日本経済新聞の報道にて、塩野義製薬は希望する社員に対して週休3日で働ける制度を来年4月から導入する方針であり、制度開始に合わせて社員の副業も解禁すると報じられました。その他の会社を見ましても、キリンホールディングス…
【労働者数101人以上の企業は新たな義務対象に】女性活躍推進法の改正を解説します!
令和元年5月29日、女性活躍推進法等の一部を改正する法律が成立し、令和元年6月5日に公布されました。その改正内容のひとつに「一般事業主行動計画の策定義務の対象拡大」があります。これは女性活躍推進法に基づく一般事業主行動計画の策定・届出義務、…
契約社員でも育児休業を取得しやすくなります
令和4年以降、育児休業に関する法改正が目白押し男性版産休とも呼べる制度の新設、育児休業の分割取得、育児休業中の社会保険料免除の見直しなど、育児をしながら仕事を続けていける環境を整えるための改正が決まっており、今から十分な準備が求められます。…

当サイトの情報はそのすべてにおいてその正確性を保証するものではありません。当サイトのご利用によって生じたいかなる損害に対しても、賠償責任を負いません。具体的な会計・税務判断をされる場合には、必ず公認会計士、税理士または税務署その他の専門家にご確認の上、行ってください。