会計・人事お役立ち情報

法人税

申告期限の延長について

今回の経理・会計・税務アウトソーシングお役立ち情報vol.750は、申告期限の延長についてです。
税務届出書類の提出期限の記載で、「確定申告期限」とありますが、申告期限の延長をしている場合に、届出書の提出期限も延長となりますか?

税務関係の届出書等について、提出期限が「確定申告期限」とされているものが多々あります。

法人税等について、申告期限が延長されている場合には、これら提出期限が「確定申告期限」とされている届出書類の提出期限も自動的に延長されるため、あくまで自社が確定申告書を提出する期限と考えて差し支えありません。

 

【提出期限が確定申告期限とされているものの提出期限】

・  申告期限の延長なし⇒決算日から2ヶ月以内

・  単体納税で延長あり⇒決算日から3ヶ月以内

・  連結納税で延長あり⇒決算日から4ヶ月以内

 

 

経理・会計・税務アウトソーシングお役立ち情報をお読みいただきありがとうございます。

次回の経理・会計・税務アウトソーシングお役立ち情報でまたお会いしましょう。

(掲載日:2013年03月08日)

当サイトの情報はそのすべてにおいてその正確性を保証するものではありません。当サイトのご利用によって生じたいかなる損害に対しても、賠償責任を負いません。具体的な会計・税務判断をされる場合には、必ず公認会計士、税理士または税務署その他の専門家にご確認の上、行ってください。




同一カテゴリー(法人税)内最新記事15件


ページの先頭へ